自転車 消費カロリー 距離

自転車の走行距離数で変化する消費カロリーの計算

 

ダイエットの他にも、身体を鍛えるために自転車を利用して運動を行う場合があります。
気になる部分としては、身体に一定の効果を得ることが可能かが問題となりますが、
走行する距離数などによっても消費カロリーが大きく変動することになります。

 

 

低速走行で短時間で済ませるよりは、
やはり一定以上のスピードを保ったまま、長距離を走行した方が高い効果を得ることができます。

 

 

さらに運動を行って、身体を変化させるためには継続して長い期間にわたって運動を行うことが大切になります。
自転車を利用する場合での効果としては、
例えば体重が60キロの方が時速30キロ程度で30分間の自転車走行を行った場合では、
約400キロカロリー程度を消費することができます。

 

 

運動で一定数の消費カロリーを得るためには、身体に負荷を掛けることが必要になるために、
運動時間の他に、自身の体重や速度なども重要な項目になります。

 

 

体重の軽い方の場合では、重たい方よりも多い運動量をこなす必要もあります。
また、同じ体重の方でもペダルを漕ぐ速度を変えることによっても消費カロリーが変化します。

 

 

例えば時速30キロから40キロにスピードを上げた場合では
約400キロカロリーの消費から約520キロカロリーの消費となり、より効果を得ることができます。